部位別、おすすめムダ毛処理方法

各部位のオススメ処理同じ女性でも、ムダ毛の量や太さは部位によってまちまち。それぞれに合った処理方法を選ばないと剃り残しができてしまいます。

どの部位にもオススメできるオールマイティな処理方法は残念ながら少ないので、処理する場所に合わせていくつかの方法を使い分けてみましょう。

脇毛の、おすすめ処理方法

ワキ毛脇はムダ毛が生える範囲そのものはせまいので、処理にそれほど時間はかかりません。

ただ、脇は他人の目につきやすい場所であること。毛質が太くて目立ちやすいことなどを考えると、一番きっちり処理しておきたいところでもあります。

脇毛のお手入れに使える方法はたくさんありますが、一年通してキレイに処理できる手段を選ぶことが後悔しないポイントです。

腕や脚の毛の、おすすめ処理方法

腕や脚のムダ毛腕や脚は露出しやすい場所なので、一年中お手入れしなければなりません。

他の部位に比べると処理する範囲も広いので、お手入れ方法は手軽さと肌へのやさしさを重視しましょう。

アンダーヘア(V・I・O)の、おすすめ処理方法

アンダーヘア水着を着るときに気になるアンダーヘアは、全身の中でも特にお手入れがむずかしいところです。

特にIラインやOラインを自己処理するのはほぼ不可能なので、プロにお手入れを頼むのがオススメ。

Vラインはセルフケアできますが、肌を傷つける可能性が高いので、なるべくリスクの少ない方法を選びましょう。

手足の指毛のおすすめ処理方法

指の毛手足の指毛は目立たないように思えますが、実はかなり注目を集めるところ。特に女性の指に毛が生えていると、男性のようにごつい印象を与えてしまいます。

指毛は細く、量も少ないですが、せまくてお手入れしにくいのがネック。処理能力よりも小回りのきくアイテムを選んだ方がキレイに仕上がるでしょう。

うなじ、背中、腰、お尻の毛の、おすすめ処理方法

背中のムダ毛うなじや背中、腰、お尻はすべて体の後ろにあるので、自分で処理するのは難しいところ。

毛質も細くて薄いので、産毛でもお手入れできる方法を選ばなければいけません。

産毛専用の処理アイテムもありますが、ツルツルスベスベに仕上げたいならプロの手に任せた方が安心&確実です。

胸や乳輪の毛の、おすすめ処理方法

胸のムダ毛胸や乳輪はそれほど毛深くなるところではありませんが、そのぶんムダ毛が生えていると男性から幻滅されやすい場所でもあります。

自分の手で処理することもできますが、デリケートな上、凹凸があるのでセルフケアはあまりオススメできません。

プロに頼めば手っ取り早くケアできますが、どうしても自己処理するのなら、肌にやさしく、扱いやすい道具を選びましょう。

顔の毛の、おすすめ処理方法

顔顔に生えるのは産毛ですが、量が多いと見た目が悪くなる上、メークの仕上がりにも影響してきます。

鏡を見ながら処理できるので初心者でもセルフケアは可能ですが、他の部位に比べて肌トラブルを起こすリスクは大。

うっかり傷をつけると最悪の場合、跡が残ってしまうので、自己処理する時は細心の注意が必要です。


ページの先頭へ