うなじ、背中、腰、お尻の毛の、おすすめ処理方法

背中のムダ毛うなじや背中、腰、お尻はすべて体の後ろ側にあるので、自分の目でムダ毛がチェックできません。

産毛だし、別にいいかな・・・と放置するのは大間違い。実は産毛も量が多いと目立ちやすく、人によっては皮膚が黒ずんで見えてしまうこともあるのです。

うなじは髪をアップにすると目立ちやすいですし、後ろが大きく開いた服を着たら、背中の毛もむき出し。さらに水着を着る時は腰やおしりのムダ毛も人目にさらされてしまいます。

自分にとっては目にみえない部分でも、他人からはしっかり見られているので、できれば体の後ろ側もていねいにケアしておきたいところですね。

脱毛

体の後ろ側は自分で見られない上、手が届く範囲にも限界があります。

凹凸のある部分も多いので、体の後ろをケアしたいなら、脱毛サロンやクリニックでプロにお手入れしてもらった方がよいでしょう。

きちんと最後まで処理すればムダ毛は二度と生えてこなくなるので、いつどんな時に後ろ姿を見られても安心ですね。

うなじにはムダ毛用トリマー

体の後ろ側で唯一、自己処理できるのがうなじのムダ毛です。

自分の目で確認しながら処理することはできませんが、他の部位に比べて手が届きやすいので、ムダ毛用トリマーを使えば比較的キレイにケアできます。

カミソリでは皮膚を傷つける可能性があるので不安ですが、トリマーは刃先が丸くなっていて、2枚の刃ではさんでカットするから安心。

電動だから手を何度も動かす必要がなく、初めての方でも簡単にうなじをツルツルスベスベに仕上げられるでしょう。


うなじ、背中、腰、お尻を脱毛するならどんな方法がおすすめ?

脱毛にはサロン、クリニック、家庭用脱毛器の3種類がありますが、うなじや背中、腰、お尻を脱毛したい女性にはクリニックで受けるレーザー脱毛がおすすめです。

家庭用脱毛器はハンドピースを自分で処理したい部分にあてなければいけないので、条件は自己処理と変わりなし。見えない状態でお手入れするとムラになってしまうので、お手伝いしてくれる人がいないとキレイに処理できません。

脱毛サロンはエステティシャンがかわりに処理してくれるのでムラはできませんが、パワーの弱い光脱毛では産毛を処理しきるまでかなりの時間がかかってしまいます。

クリニックで使われる医療用レーザー脱毛はエネルギー出力が大きく、薄い産毛でも効率よく処理できるので、確実&スピーディにお手入れしたいならクリニックに通ってみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ