アンダーヘア(V・I・O)の、おすすめ処理方法

アンダーヘア女性のデリケートゾーンであるV・I・Oラインのムダ毛は、全身の中でも特に処理しにくい部分。

1本1本が長くて量も多い上、皮膚も傷つきやすいので、自己処理するのはとてもむずかしいのです。

ムダ毛に関するアンケートでも、アンダーヘアを処理したいという人はたくさんいる一方、怖くて処理できないという声も多く、ジレンマに悩まされている女性は少なくないようです。

水着を着た時、アンダーヘアがちらり・・・なんてトラブルは絶対に避けたいところですが、デリケートなV・I・Oラインはどうやってケアすればよいのでしょうか?

脱毛

アンダーヘアの脱毛は「ハイジニーナ脱毛」とも呼ばれており、人気部位の第2位にランクインしています。

脱毛と言うとツルツルにするというイメージがありますが、アンダーヘアの場合は脱毛する部位を自由にデザインできるところがポイント。

好みに合わせて卵形、逆三角型などに調整できるので、自分のなりたいスタイルに変身できます。

ムダ毛の調整はV・I・Oいずれでも可能ですが、IラインやOラインは毛を残さず、きれいに処理してしまう人が多いようです。

店舗によってはV・I・Oラインすべてを処理するセットプランと、それぞれのラインを別々に処理する個別プランが用意されているので、予算や希望に合わせて選べるところもいいですね。

除毛クリーム

毛を溶かすチオグリコール酸カルシウムが配合されているクリームです。

刃を使わず、伸びのよいクリームを塗るだけでムダ毛を処理できるので、凹凸が多いデリケートゾーンのお手入れにぴったり。

ムダ毛も肌の表面に出ているぶんだけでなく、皮膚のすぐ下の毛も溶かせるので、カミソリよりもキレイに仕上がります。

何よりうれしいのは、毛先が丸まって処理されるので、毛が伸びてきてもチクチクしないこと。

飛び出た毛が生地を突き破る心配もないので、安心して水着も着られますね。

除毛クリームはいろんなタイプのものが市販されていますが、中にはアンダーヘアの処理ができないタイプの商品もあるので、購入するときはくれぐれもご注意を!

ヒートカッター

先端がコーム型になっているコンパクトサイズのムダ毛処理器です。

コームの内部には熱線が通してあって、アンダーヘアをすくように使うと、熱の力でムダ毛を簡単に焼き切ってくれます。

根元から処理するのは無理ですが、毛の長さや量、形を調整しやすいので、Vラインのお手入れに最適です。

毛先も丸まって処理されるので、チクチク・ジョリジョリしないところも魅力ですが、脱毛や除毛クリームに比べると仕上がりの良さは
イマイチ。

もちろん、ハサミでカットするよりはキレイになりますが、とりあえず水着からはみ出なければOKという応急処置用のアイテムと言えそうです。


アンダーヘアの自己処理がオススメできない理由

アンダーヘアをカミソリで自己処理しているという人はたくさんいますが、キレイに見せたい方には決してオススメできません。

アンダーヘアは1本1本が太いので、たとえ深ぞりしても黒いブツブツが残ってしまい、ツルツルスベスベにはならないのです。

安全面でも問題が多く、肌の表面が傷つくとヒリヒリ痛んだり、かゆくなったりするトラブルが発生。

特に水着で海に入る時は注意が必要で、人によっては肌がかぶれて赤くなってしまうかもしれません。

V・I・Oラインは女性にとって大事な場所なので、いたわりながらお手入れできればいいですね。


ページの先頭へ