目的別、おすすめムダ毛処理方法

目的語とのオススメ処理ムダ毛の脱毛方法にはカミソリや電気シェーバー、除毛クリーム、脱毛などさまざまな種類があります。

それぞれ効果や費用が異なるので、自分の目的に合わせていろいろなアイテムを使い分けてみてはいかがでしょうか。

ここでは目的別におすすめの処理方法をまとめてみました。

キレイに処理したい

ワックス&毛抜き

「毛」をキレイに処理したいなら、毛を抜いてしまうのが手っ取り早いです。抜いた毛はしばらく生えてこないので、旅行やお泊まりの時はイイかも?

広範囲の毛は脱毛ワックスやテープでゴッソリと抜いて、残った毛を毛抜きで処理すると早いです。

脱毛クリーム

脱毛クリームは使い方次第では、皮膚よりちょっと下まで毛を溶かしてくれるので、凄くキレイな仕上がりになります。ただしその場合、長時間肌につけておかなければいけないので、お肌へのダメージは覚悟しましょう。

カミソリ

カミソリでも、深剃りすればなかなかキレイになるもんです。でもその場合、お肌の角質も削ってしまうので乾燥しがちに。

剃り残しには十分気をつけてください。周りがキレイな分、剃り残し部分は凄く目立ってしまいます。

脱毛

キレイさでいえば、やっぱり脱毛がイチバン。毛が生えてこないですからね。

安く処理したい

毛抜き

安さでいえば、コレにかなうものはないでしょう。千円も出せばいい毛抜きが手に入りますし、そうそう壊れるものでもないので一生使えます。一生涯のムダ毛処理費用が千円…これは安い!

ただし、ひたすら処理時間が掛かりますので、時給換算したらエラいことになります。そう考えると決して安くはないのかも…。

電気シェーバー

意外に思われるかもしれませんが、電気シェーバーはかなり安いムダ毛処理方法なんです。買ってしまえば何年も使えますし、充電式なら電気代なんて安いもんです。電池式の電気シェーバーなら、充電式乾電池を使いましょう。

脱毛

脱毛しない理由の一番の理由は、「高い」からでは?確かに、最初にかかるお金は掛かりますが、完了すればあとはずっとタダで毛が生えてこなくなりますので、長い目で見ると脱毛して毛を生えなくしてしまった方がはるかに安いこともあります。

カミソリは?

カミソリで処理する理由の一つに「安い」という理由があると思いますが…ちゃんと計算したことはありますか?カミソリって意外と高いですよ?

1個200円の替え刃を毎月2個ずつ使っていくと、1年で…4千800円。あとシェービングのクリームやアフターケアのコスメなど合わせたら、なんだかんだで1年で1万円くらいは掛かりそうですね。

お肌のダメージを減らしたい

脱毛

お肌へのダメージを減らしたいなら、肌にダメージを与える「自己処理」をしないのが一番です。

でもムダ毛が生えっぱなしではマズいですよね。だったら、毛を生えなくしてしまえばいいんです。

脱毛して毛を生えなくしてしまえば、もう自己処理で肌を傷めることもありませんし、いつでも毛のないスベスベ肌です。

数日間、処理いらずにしたい

毛抜き

旅行やお泊まりの時に困るのが「ムダ毛処理をするタイミング」がないことですよね。でも前もって毛を抜いてしまえば、その毛は数週間生えてきません。

何日もムダ毛処理しなくて済む方法は、自己処理では「毛を抜いてしまう」ことしかありませんのでここで紹介しましたが、「毛を抜く処理」は基本的にはオススメしていません。毛穴内部の炎症や埋もれ毛などで、毛穴が汚くなってしまうからです。

毛を薄くしたい

脱毛

脱毛処理を完了させずに途中でやめることで、毛をなくさずに薄くすることもできます。

また、家庭用脱毛器で弱いパワーで当て続けることでも、毛の薄い状態をキープすることができます。

抑毛ローション

抑毛ローションは「毛が生える」ことを抑制するローション。化粧水のような感じで毎日塗り続けることで、毛が細くなって薄く見えます。

ただし、毛の本数自体は変わりませんし、塗るのをやめればしばらくしたら元通りの濃さに戻ってしまいます。

また、効く人と効かない人がいて、効かない人には全くといっていいほど効きませんし、効くとしても効果が現れるのには早くても2週間以上は掛かります。

毛を生えなくしたい

「ムダ毛」といいますが、体毛は現代人にとって、本当にムダな毛でしかないですよね。

「こんな無駄な毛、なくしてしまいたい!」と思う女性が今ではずいぶん増えて、脱毛が大人気です。少し前までは「美意識の高い女性」が社会人になってからするものだったんですが…今では脱毛することが当たり前になりすぎて、高校生からサロンに通い始めるのが普通っぽいですね。

脱毛サロン

低料金で手軽に始められるので、今一番多い脱毛方法がこの「脱毛サロン」です。

特にワキ脱毛のキャンペーンならどのサロンもやっていて、1000円も掛からずできてしまいます。

クリニック(病院)

料金的にも安全性的にも、ちょっと敷居の高いのがクリニックでの脱毛です。

お気軽感はないですが、その分、脱毛パワーはサロンよりも高いです。

だからこそ、選ぶなら慎重に選んで下さいね。

家庭用脱毛器

「家庭用?そんなので本当に脱毛なんてできるの?」…そんな声が聞こえてきそうですが…大丈夫です!

最近の脱毛器は家庭用といえども凄いですよ。でも本当に使える脱毛器は5万円以上はしますけど…。

それでも、コスパでいえば圧倒的にいいです。自宅で自分でできるところも嬉しいポイントです。

ページの先頭へ