電動毛抜きで、毛を抜く

電動毛抜きでムダ毛処理毛抜きはムダ毛を1本ずつしか処理できないから面倒・・・という女性たちの不満に応えて誕生したのが、電動タイプの毛抜きです。

これまで手動で行っていた「毛をはさんで引き抜く」という一連の作業を自動でやってくれるところが最大のポイント。

普通の毛抜きでムダ毛を処理手していた人にとってはこの上なく便利なアイテムと言えそうですが、実際の使い心地はどうなのでしょうか?

電動毛抜きの良いところ、悪いところ

良いところ

スピーディに毛を抜ける

電動毛抜きは回転するディスクが毛を次々に毛をはさんで引き抜いてくれるので、手作業で抜くよりも圧倒的にスピーディです。

これまで、時間がかかる毛抜きは手足のお手入れには不向きと言われてきましたが、電動毛抜きなら広い範囲でも手軽に処理できそうですね。

お風呂でも使える

電動式は水に弱いため、普通はお風呂では使えないのですが、電動毛抜きの中には入浴しながら除毛できる商品もあります。

たとえばパナソニックの「ソイエ」なら、ボディソープを使った泡脱毛もOK。泡がムダ毛をしっかり絡め取ってくれるので、肌に負担をかけずにムダ毛を抜けると評判です。

悪いところ

トラブルが起こりやすい

電動毛抜きは普通の毛抜きより手軽で便利ですが、ムダ毛を無理やり引き抜くという基本的な仕組みは変わりません。

ムダ毛と一緒に引っ張られた皮膚には強いストレスがかかり、赤くなったり、腫れたりしてしまいます。

特に電動毛抜きは高速かつまとめて毛を引き抜くので、普通の毛抜きを使うよりも一度にかかる負担がはるかに大きいのです。

赤みや腫れは時間をおけばおさまりますが、くり返し負担をかけると毛包炎や埋没毛の原因になるので要注意です。

毛抜きより痛い

電動毛抜きでは、一度に何本かのムダ毛をまとめて絡みとり、一気に引き抜くことができます。

確かに時短ケアにはなりますが、そのぶん刺激も強く、痛みは普通の毛抜きとは比べものに
なりません。

特に脇毛やアンダーヘアの処理では激痛が走るので、電動毛抜きを使ったお手入れはしないようにしましょう。

短すぎる毛は抜けない

電動毛抜きはディスクで毛をはさみこんでから引き抜く仕組みになっているので、ムダ毛が短すぎるとうまく抜き取ることができません。

だいたい2~3mm程度伸ばせば処理できますが、ムダ毛を抜くためにわざわざ毛を伸ばさなければいけないのは本末転倒と言えそうです。

どんな部位に向いてる?

向いているところ

普通の毛抜きでは処理しにくい腕や足に使うのが一般的です。

専用のヘッドに交換したり、アタッチメントをつけたりすれば、脇毛やアンダーヘアの処理にも使えます。

向いていないところ

ある程度の長さと太さがないと毛をはさめないので、顔や指、背中など細い産毛が生えているところには使えません。

痛みに弱い人は、脇やビキニラインなど、皮膚が薄いところも避けた方がよいでしょう。

電動毛抜きを使ったムダ毛処理の方法

基本的な使い方

1.下準備をする

肌トラブル予防のために、あらかじめ肌の水分や汗を拭き取って清潔にしておきます。

ドライ脱毛の場合はそのまま脱毛してOK。泡脱毛の場合は、肌とディスクをぬらした後、ヘッド部分にボディソープをつけておきます。

2.ムダ毛を抜く

本体の電源を入れたら、肌に対して垂直にあてて、すべらせるようにゆっくり動かします。

動かす方向は毛の流れとは逆向き。たとえば足なら下から上へ。腕なら外側から内側に向かってすべらせます。

皮膚がたるんでいるところは、もう片方の手で肌をピンと張るようにおさえると、ムラなくムダ毛を抜き取れますよ。

3.アフターケア

肌に残った毛クズを取りのぞいてから、ローションで保湿します。

泡脱毛の場合はシャワーでざっと洗い流してから、水気を拭き取り、同じようにしっかり保湿しましょう。

上手に毛を抜くためのアドバイス

電動毛抜きはかなり刺激が強く、普通の毛抜きを使い慣れている人でも最初はあまりの痛みにびっくりするかもしれません。

ただ痛いだけでなく、肌にも相当な負担がかかっているので、毛を抜く前に蒸しタオルを使い、十分毛穴を開かせてからお手入れすることをおすすめします。もちろん入浴後に行ってもOKです。

電動毛抜きを選ぶポイント

便利な防水タイプがおすすめ

電動毛抜きの中には、ソイエのように水に強い防水タイプもあります。

入浴中に使えるから便利ですし、汚れた時は本体を丸ごと水洗いできるので、普段の使い勝手を重視するなら防水タイプを選んだ方がよいでしょう。

なるべく最新機種を選ぶ

電動毛抜きの技術は日々進歩していて、最新機種になるとネックだった痛みもかなり軽減されています。

使い勝手についてもディスクの性能が向上し、短い毛でもしっかりキャッチできるようになりました。

古い機種の方が型落ち品で安く手に入りますが、仕上がりの美しさや肌の安全性を考えるなら、やはり最新機種を選びたいところですね。


ページの先頭へ