カミソリで、毛を剃る

カミソリでムダ毛処理ムダ毛を剃る方法のうち、最も手軽なのがカミソリです。

特別なテクニックは必要なく、誰でも簡単に使えるので、初めてのムダ毛処理はカミソリを使ったという女性も多いのではないでしょうか。

ただ、肝心の使用感や仕上がりについては不満の声が多く、手放しでおすすめできる方法ではありません。

中でも肌の弱い方はトラブルを起こす可能性が高いので、カミソリでムダ毛を剃る時は十分注意しましょう。

カミソリの良いところ、悪いところ

良いところ

値段が安い

カミソリの良いところは、何と言っても費用の安さです。

カミソリにはT字、I字などいろいろな形やサイズがありますが、価格は高くても1000円台、安いものだと100円程度で手に入ります。

高いものは刃を交換できる仕組みになっているので、替え刃を購入すればランニングコストも抑えられます。

簡単に使える

カミソリはドラッグストアやスーパー、100円ショップなど、いたるところで販売されているので、手に入れるのは簡単です。

カミソリ自体の使い方も、肌にそって滑らせていくだけなので、初心者でも最初から上手にムダ毛を処理できます。

広い部位でも処理できる

カミソリは一度で広範囲のムダ毛を処理できるので、脇だけでなく、腕や足も短時間でお手入れできます。

悪いところ

肌ダメージが大きい

カミソリの刃はかなり鋭いので、ムダ毛を剃る時に肌表面まで傷をつけてしまいます。

1~2回くらいではダメージが表に出てくることはありませんが、何度もくり返していると皮膚が荒れ、湿疹や炎症を起こす原因になることも。

特に肌が弱い方は、たった1度の処理で皮膚トラブルを起こすこともあります。

埋もれ毛ができやすい

埋もれ毛とは、その名の通り、ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまう症状のことです。

何度もカミソリで自己処理していると、傷んだ部分の角質層が厚くなり、ムダ毛が閉じ込められてしまうことがあるのです。

埋もれ毛は黒い粒状になって残るので見た目が悪いのはもちろん、放っておくと肌の内部で炎症を引きおこす原因になります。

どんな部位に向いてる?

カミソリはヘッド部分が幅広いので、腕や足など範囲が広い部位のお手入れに向いています。

刃の切れ味もよいので、太くて濃い毛が生える脇の処理にも多く使われますが、脇の皮膚は他の部位より薄いため、肌への負担を考えるとあまりおすすめはできません。

同じ理由で、顔やビキニラインにもカミソリは使わない方がよいでしょう。

カミソリでのムダ毛処理のやり方

基本的な使い方

1.下準備をする

カミソリで処理する時は、肌トラブルを防ぐために、事前にいくつか下準備をしておきます。

まず、処理する部位を清潔にしておくこと。ムダ毛を剃った後の皮膚はデリケートで炎症を起こしやすいので、あらかじめ雑菌を洗い流しておくのがポイントです。

次に、蒸しタオルを使って毛穴を開かせておくこと。毛穴が開くとムダ毛も柔らかくなり、スムーズに剃れるようになります。

最後にシェービングクリームを塗って肌を保護すればOK。すべりが良くなれば摩擦も起こりにくくなるので一石二鳥ですね。

2.ムダ毛を剃る

ムダ毛の流れに沿って、同じ方向にカミソリの刃を滑らせます。

部位によって毛の流れる方向が違うので、剃るたびにきちんと確認しましょう。

3.アフターケア

剃り終えたら、シャワーなどでムダ毛をさっと洗い流します。

その後、敏感肌用の保湿クリームをたっぷり使い、お肌をケアします。

シェービング後の肌は敏感なので、普通肌の方でも敏感肌用のスキンケアを使うようにしましょう。

上手に剃るためのアドバイス

逆剃り、深剃り、空剃りはNG

カミソリを使う時の3大NG行為に、逆剃り、深剃り、空剃りというのがあります。

逆剃りとは、毛の流れに逆らって剃る方法のこと。剃り残しがなくなるというメリットはありますが、そのぶん肌への負担が大きくなるので、肌トラブルを起こしやすくなります。

2つ目の深剃りも、きちんと処理したいと思う人ほどやってしまいがちなNG行動のひとつ。刃を深めに入れてしまうと、当然肌のダメージも増え、下手をすると皮膚を切ってしまうおそれがあります。

最後の空剃りは、何もつけない素肌にカミソリをあててしまうこと。鋭い刃が直接肌に触れるので傷がつきやすく、たった1度のお手入れでも皮膚がボロボロになってしまうことがあります。

カミソリでの自己処理は時間がかかるので、ついつい手間を省きたくなってしまうところですが、大事な肌を守るために正しいやり方を心がけたいものですね。

ボディソープ剃りはダメ

ムダ毛を剃る時に、肌にボディソープをつけるという人は多いのではないでしょうか。

確かに泡立てたボディソープは滑りがよく、ムダ毛が剃りやすくなりますが、ボディソープには油汚れを落とす界面活性剤が含まれています。

強すぎる界面活性剤は汚れだけでなく、皮膚を保護する皮脂まで洗い流してしまうので、その状態でカミソリの刃をあてると皮膚が傷ついてしまいます。

体を洗いながら、同時にムダ毛が剃れるのは楽ちんですが、肌のためには専用のシェービングクリームを使った方が良さそうですね。

刃は早めに交換を!

ランニングコストを抑えるためには、できるだけ長く同じ刃を使いたいところ。

でも、切れ味が悪くなった古い刃をいつまでも使っていると、同じ所を何度も剃らなければいけなくなり、肌への負担が大きくなってしまいます。

剃り残しが多くなったなと思ったら取り替えのサイン。早めに新しい替え刃と交換するようにしましょう。

剃った後は入浴しない

カミソリで剃った後の皮膚は非常にデリケートな状態になっていて、少しの刺激でも大きな負担がかかってしまいます。

水圧の強いシャワーがNGなのはもちろん、入浴すると血行が良くなり、炎症が起こりやすくなってしまうので、ムダ毛を剃った後は湯船に浸からないようにしましょう。

カミソリを選ぶポイント

3~5枚刃タイプを選ぶ

カミソリで使われている刃の数は商品によってまちまちですが、一度できれいに剃るには、3~5枚刃のカミソリを選ぶのがオススメです。

刃の数は多ければ多いほど良いというわけでもなく、たとえば3枚刃なら剃り味はやや劣るものの、コンパクトなのでせまい部分にも使いやすく、コストも安いというメリットがあります。

一方、5枚刃は細かい処理は苦手ですが、大ぶりなので広い範囲も一気に剃りやすいところが特徴。刃にかかる圧力も5枚に分散されるので、肌への負担も3枚刃に比べると少なくて済みます。

それぞれにメリット、デメリットがあるので、肌の調子や処理する部位に合わせて使い分けると良いかもしれませんね。

替え刃(カートリッジ)式がお得

カミソリには、本体と刃が一体型になっている使い捨てタイプと、刃だけが交換できるカートリッジタイプの2種類があります。

使い捨てタイプは安いものだと100円で買えますが、カートリッジ式は1000円~2000円くらいするので割高なイメージがあります。

ところが、替え刃1つの値段は実は使い捨てタイプ1つの値段より安いので、長い目で見るとカートリッジ式の方がコストパフォーマンスは優秀なのです。

ムダ毛はくり返し処理するものなので、長く使うのであればカートリッジ式を買った方がお得と言えるでしょう。

安心、安全なガード付きがおすすめ

I字型カミソリの中には、あらかじめ刃にガードが付いているものがあります。

ガードは刃に対し、一定の間隔を置いて入っているので、手が滑って刃を横に滑らせてしまっても、皮膚を深く切ってしまう心配がありません。

ガードなしタイプに比べると切れ味は落ちるので物足りなく感じるかもしれませんが、最初のうちはガード付きタイプのカミソリを使ってムダ毛処理に専念してみてはいかがでしょうか。


ページの先頭へ