その他のムダ毛処理方法

カミソリや毛抜きなど誰もが知っている方法の他にも、ムダ毛を処理する方法はたくさんあります。

ただ、マイナーな方法は効果がなかったり、リスクが高かったりするものが多く、はっきり言ってあまりオススメできません。

やっている人も少ないのですが、参考として、その他のムダ毛処理方法をいくつか紹介しましょう。

あまり知られていないその他のムダ毛処理方法

脱色剤

脱色剤でムダ毛処理ムダ毛専用のブリーチ剤です。髪用のものと同じく、1剤と2剤を混ぜ合わせて使用します。

液剤に含まれる成分が髪の色素を抜いてくれるので、濃いムダ毛も産毛に近い色に仕上がります。

使い方も髪用ブリーチとほぼ同じで、ヘラを使ってクリームを伸ばすだけ。

初めての方でも簡単に処理できる仕組みになっていますが、あくまでムダ毛の色を目立たなくするだけで、毛そのもの量や長さはまったく変わりません。

特に女性の場合、ストッキングやタイツを履くとムダ毛のうずができてしまうのが痛いところ。新しく伸びてくると根元も黒くなって目立つので、手間のわりに高い効果は期待できないでしょう。

薬剤に含まれる化学成分も肌に良いものではありませんので、最近は女性よりも男性向けのアイテムとして定着しています。

除毛パットや除毛タオル


パットやタオルを使ってムダ毛をこすり取る方法です。

表面がボディ用のやすりになっていて、肌の上でくるくる円を描くようにこするだけで、細かい産毛を取り除けます。

ニキビやざらつきの原因となる古い角質もオフできるので、発売当初は女性の美肌ケアにも役立つと期待されていました。

ところが、産毛をけずり落とせるパッドやタオルが肌に負担をかけないはずもなく、使っている間に肌が赤くなったり、かぶれたりする人が続出。

後に肌にやさしい商品も開発されましたが、肝心の除毛効果が落ちてしまったため、中途半端な商品としてブームも下火になっています。

産毛ローラー

部毛ローラーでムダ毛処理先端にバネ状のローラーがついた産毛とり専用のアイテムです。

肌の上でローラーを転がすと、バネが産毛を絡め取り、ツルツルスベスベの肌に仕上げてくれます。

長さがあるので自己処理しにくい背中もお手入れできるのは便利なのですが、肝心の除毛効果が弱いところが難点。

特に背中は自分で見て確認できないので、まだらな仕上がりになってしまうことも・・・。

産毛がローラーに引っかかった時は痛みもありますし、皮膚もこすれてダメージになってしまうので、無理をしてまで使うメリットはなさそうです。


ページの先頭へ