ムダ毛用トリマーで、毛を剃る

トリマーでムダ毛処理トリマーとは、I字型カミソリのような形をしたコンパクトサイズのムダ毛処理器です。

電動式で、スイッチを入れると刃の部分が細かく動き、ムダ毛をカットできるところが特徴。

電気シェーバーとよく似ていますが、シェーバーは外刃で押し出したムダ毛を剃り落とすのに対し、トリマーはギザギザになった刃でムダ毛を刈り取る仕組みになっています。

市販されているトリマーにはボディ用のほか、顔の産毛を処理するためのフェイス用もあり、目的に合わせて使い分けられるところが魅力です。

トリマーの良いところ、悪いところ

良いところ

いつでもどこでもすぐ使える

トリマーは刃が直接皮膚に触れることなく、ムダ毛だけをカットしていくので、肌を保護したり、すべりを良くするためのクリームやローションは必要はありません。

電源も電池式なので、コンセントがない場所でも使えるところがいいですね。

携帯に便利

トリマーのサイズは商品によってまちまちですが、ほとんどのものは女性の片手にもラクラクおさまるほどコンパクト&軽量です。

ものによってはハンドバッグにすっぽり入るので、外出先や旅行にも気軽に持ち運べます。

比較的肌にやさしい

トリマーは刃を肌にあてずにムダ毛を処理できるので、カミソリに比べると肌へのダメージを抑えられます。

悪いところ

それほどきれいに仕上がらない

トリマーは毛を刈り取って処理するので、深剃りできるカミソリに比べるとあまりきれいに仕上がりません。

根元から処理できないぶん、伸びるのが早いところもネックです。

使える場所が限られる

トリマーはそれほど切れ味が鋭くないので、太い毛や濃い毛はきれいに除毛できません。

ムダ毛は場所によって毛質が異なるので、トリマー1つで全身をお手入れするのは難しいと言えるでしょう。

どんな部位に向いてる?

向いているところ

トリマーはもともと産毛の処理用に開発された商品なので、顔やうなじ、背中、指などの細い毛をお手入れするのに適しています。

ヘッド部分が小さいので、小鼻や耳周りなど細かいところもケアできるのはうれしいですね。

アンダーヘアについてはトリマーだけで完璧に処理するのはむずかしいのですが、毛の長さ調節には役立ちます。

向いていないところ

深剃りができないので、太い毛や濃い毛が生えるところはきれいに仕上がりません。

特に手足は剃る場所も広いので、小さなトリマーでお手入れするのは大変でしょう。

トリマーでムダ毛処理する方法

基本的な使い方

1.肌の水分を拭き取る

トリマーは下準備いらずで使えるアイテムなので、ローションやクリームを塗る必要はありません。

むしろ電動式で水に弱いので、肌の水分はあらかじめ拭き取ってサラサラの状態にしておきましょう。

2.ムダ毛を剃る

スイッチを入れ、刃を寝かせるように持ち、肌と並行にします。

毛の流れにさからうように一方向に向かって刃をゆっくり動かすと、ムダ毛を処理できます。

3.アフターケア

保湿ローションやクリームを塗り、肌の調子を整えます。

上手にお手入れするためのアドバイス

トリマーの刃は2枚構造になっており、外刃は刃先が丸くなっているので、肌に当たっても傷がつきにくい仕組みになっています。

しかし、内刃はギザギザになっているので、上から強く押し当てた状態で肌の上を滑らせると、皮膚に引っかかって傷つける可能性があります。

しっかり剃ろうと思うとつい力が入ってしまいがちですが、トリマーは肌にそっと添える状態をキープして使うと良いですね。

トリマーの選び方のポイント

使う部位に合わせる

トリマーの種類は大きく分けてフェイス用とボディ用の2タイプがあります。

フェイス用はヘッド部分が小さく、小回りがきくところが特徴ですが、産毛専用なので太い毛は処理できません。

一方、ボディ用はフェイス用より幅広で切れ字も鋭く、少し太めの毛でもカットできる仕組みになっています。

同じトリマーでも特徴に大きな違いがあるので、全身のムダ毛を処理する場合は、フェイス用とボディ用の両方を準備し、剃るところに合わせて使い分けるのがベストです。

切れ味の良いものを選ぼう

トリマーは細毛や産毛専門ですが、ボディ用ならある程度太い毛でもきれいに処理できます。

ただ、商品によって刃の品質に差があるので、できるだけ切れ味の良いものを選ぶのが失敗しないポイントです。

特に重視したいのは、刃の薄さと幅の広さ。薄刃は肌ギリギリのところまで密着し、根元からそり落とせるので、比較的きれいに仕上がります。

さらに幅広の刃を使うと、太い毛もしっかりキャッチして処理できるので、全身のムダ毛処理に十分役立つでしょう。


ページの先頭へ