抑毛ローションで、毛の成長を抑える

抑もうローションでムダ毛処理抑毛ローションは、くり返し生える女性のムダ毛対策として開発されたアイテムです。

ローションにはムダ毛の成長を食い止める成分が配合されており、全身に塗るだけでムダ毛が生えてくるスピードを抑えられます。

ローションの他にクリームタイプも販売されているので、好みや目的に合わせて使い分けてみてもいいですね。

抑毛ローションの良いところ、悪いところ

良いところ

ムダ毛処理の回数が減る

ムダ毛が伸びるスピードが遅くなるので、自己処理する回数もぐんと減ります。

手間と時間が節約できるのはもちろん、肌に負担をかけないところも大きなメリットですね。

毛が細く、薄くなる

抑毛ローションにはムダ毛を弱らせるはたらきもあり、長期間使っていると毛質が細くなっていきます。

毛の色も薄くなるので、ムダ毛そのものが目立たなくなり、周囲の目を気にしなくて良くなります。

肌にやさしい

抑毛ローションに使われている成分は、大豆イソフラボンやパイナップル酵素など、植物やフルーツ由来の成分がほとんどです。

いずれも天然成分なので肌への刺激が少なく、敏感肌の方やお子さんでも使えるところが他にはないメリットと言えるでしょう。

悪いところ

これだけでムダ毛処理はできない

抑毛ローションはあくまで毛の生えるスピードを遅くするもので、ムダ毛そのものが生えてこないわけではありません。

細毛に変われば目立たなくなりますが、それでも剃ったり抜いたりするお手入れは必要なので、少し面倒ですね。

効果に個人差がある

他の化粧品と同じく、抑毛ローションの効果には個人差があります。

すぐに効果が出る人もいれば、いつまで経っても毛の生えるスピードが遅くならないという人もいるので、全員に効果ありというわけではなさそうです。

効果が出るまで時間がかかる

抑毛ローションは体質と毛質をゆっくり変えていく商品なので、実際に効果があらわれるまでにはかなりの日数がかかります。

もちろん個人差はありますが、カミソリや毛抜きのように、処理したその日にツルツルスベスベになるわけではないのでご注意を。

コストがかかる

抑毛ローションの値段は1本あたり約3000円~5000円で、およそ1ヶ月~1ヶ月半はもちます。

1ヶ月分の費用としてはそれほど高くありませんが、問題なのはこれ1つでムダ毛処理できないところ。他の方法と組み合わせるとプラスアルファの費用がかかってしまうので、コストパフォーマンスはあまり良くありません。

やめると元に戻る

抑毛ローションの効果はあまり長く続かないので、使用をやめてしまうとムダ毛が生えるスピードも毛質も元に戻ってしまいます。

使っている間は効果をキープできますが、一度使ったらずっと続けなければいけないのは大きなデメリットと言えそうです。

どんな部位に向いてる?

抑毛ローションは肌にやさしいので、腕や足はもちろん、脇やVラインなど全身どこでも使えます。

ただ、体全体に使うと消費量が増え、毎月のコストがかさんでしまいます。お財布事情を考えるなら、脇だけ、アンダーヘアだけなど、ピンポイントアイテムとして使うのがオススメです。

抑毛ローションを使ったムダ毛処理の方法

基本的な使い方

ボディローションとしてムダ毛が気になる部分に毎日塗るだけでOK。

成分を浸透させるので、洗い流す必要はありません。

上手に使うためのアドバイス

お風呂上がりの使用がオススメ

抑毛ローションは薬ではないので、使うタイミングはいつでもいいのですが、オススメなのはお風呂上がりのケア。

入浴直後は毛穴が開き、成分の浸透率が高くなるので、より効率よくムダ毛をおさえられます。

1日2回ぬって即効性アップ

抑毛ローションの使用回数は1日1回が基本ですが、もっと早めに効果を実感したい場合は朝晩2回お手入れしてみましょう。

コストはかさみますが、効き目があらわれるのも早くなりますよ。

抑毛ローションを選ぶポイント

抑毛ローションは商品によって配合成分が微妙に異なります。

効果に違いがあるのはもちろん、香りやテクスチャの使用感にも個性があるので、自分にとってどの抑毛ローションが一番合うかは実際に使ってみないとわかりません。

ただ、抑毛ローションのサンプルを置いている店舗は非常に少ないので、肌に合わなかった場合は返品できる返金保証付きの商品を選んだ方がいざという時安心でしょう。


ページの先頭へ