ムダ毛の処理トラブルと、その対処法

ムダ毛処理のトラブル、対処カミソリや毛抜きなどでムダ毛をお手入れすると、かなりの確率で処理トラブルが発生します。

肌に負担をかけない方法を選んだり、処理後にアフターケアをしっかりすればある程度トラブルは防げますが、リスクはゼロにはなりません。

自己処理によって起こるトラブルはいろいろありますが、いずれも正しく対処しないと症状が悪化したり、皮膚に跡が残ってしまったりすることも。

処理トラブルはいつ起こるかわからないので、もしもの時は一体どう対処すれば良いのか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

皮膚の黒ずみ(色素沈着)

カミソリで自己処理していると、だんだん肌が黒ずみ、汚くなってきます。

皮膚が黒くなるのはメラニン色素が原因で、自己処理をくり返しているうちは黒ずみが消えることはありません。

一度黒ずみができると元の色に戻すのはむずかしいので、手遅れになる前にしっかり対処してきましょう。

埋もれ毛(埋没毛)

埋もれ毛は、毛抜きを使っている女性に多い処理トラブルです。

毛抜きを長期間使っていたり、抜く時に失敗したりすると起こる症状で、一度埋もれ毛になるとくり返しやすくなります。

見た目が悪いのですぐにでも取りのぞきたいところですが、埋もれた毛を無理やり取り出すとさらに症状がひどくなるので絶対にやめましょう。

毛穴の黒ずみ

毛穴部分の色素が沈着したり、埋もれ毛になったりすると、毛穴が黒ずんできます。

見た目は同じですが、色素が沈着する理由と、埋もれ毛になる原因はそれぞれ別。当然対処法も異なるので、自分のトラブルがはたしてどちらのタイプなのか、慎重に見極めてから正しくケアしましょう。

肌荒れ

肌に負担をかける方法でムダ毛を処理していると、だんだん肌が荒れてきます。

最初は数日ほど赤みが残るだけですが、悪化してくるとヒリヒリ痛んだり、湿疹が出たり、肌にブツブツが出てくるなど、いろいろなトラブルが発生します。

ひどい場合は傷口が化膿したり、肌に凹凸の跡が残ったりするので、少しでも異常が現れたら、すぐにスキンケアを行いましょう。

症状が軽いうちは市販品でも対処できますが、重症化したらすみやかに皮膚科に行くことをおすすめします。

ページの先頭へ